のぼるの休日

休日くらいは自由に生きる(*ˊૢᵕˋૢ*)

爆盛油脂麺(平太周 味庵さん)と決闘してきました。

お疲れ様です、のぼると申します!

 

本日は、私の中での行きたいお店ランキング、長い間ダントツの1位であった、「らーめん平太周 味庵」さんに行ってきました👏

 

このお店はJR五反田駅西口から徒歩5分、大崎広小路駅から徒歩30秒程の所にありまして、

多くのYouTuberの方や有名人の方に訪れられているお店です。

 

以前、テレビ番組でこのお店が取り上げられているのを観てから私の憧れの存在となったのですd('∀'*)

 

大崎駅から黒烏龍茶を飲みながら、10分ほど歩いて到着しました~

f:id:noboru-blog:20170616212603j:image

f:id:noboru-blog:20170616213056j:image

目的は画像左側にあります、コイツです👆

f:id:noboru-blog:20170616213321j:image

食券機はこんなかんじです。

私が狙うのは右上のスイッチ。

ただ一人、異様なオーラを放っている この赤いスイッチです。笑

f:id:noboru-blog:20170616213857j:imagef:id:noboru-blog:20170616213755j:image

危険なオーラを放つこのスイッチを押した後は、ゆっくり椅子に座り、精神統一。

試合前のボクサーのようにモチベーションを高めつつ、店内を観察。

ワイルド系の店員さん2人、カウンター席のみの設計、有名人からのサインの数々、豚骨の良い匂い。そして背脂を器に振りかける音。

 

決闘の準備ができた頃にアイツがやって来ました、、、

どーーーーーーーん!!!!!!

f:id:noboru-blog:20170616215030j:image

コイツが「爆盛油脂麺」でございます!!

このネーミングセンス、私は好きですよ。笑

ついでに上から。

f:id:noboru-blog:20170616215241j:image

そして横から。

f:id:noboru-blog:20170616215334j:image

かなりインパクトのある一杯です(º﹃º )

 

あの彦摩呂さんが「背脂のゲリラ豪雨

と表現する程のコイツは、極太麺2玉(400g)を使用していて、一杯でなんと2119kcalもあるそうです(´°‐°`)

 

かと言って、ここまで来て後に引く訳には行かない!!

食べるしかない!決闘だ!!

いただきます!!!

 

 

ばきっ!!!!!

「あっ、、、、」

f:id:noboru-blog:20170616220339j:image

( ・ᴗ・̥̥̥ )( ・ᴗ・̥̥̥ )( ・ᴗ・̥̥̥ )( ・ᴗ・̥̥̥ )

 

食べる前から萎えました。笑

 

気を取り直して、いただきます🙏

 

1口目から、口の中に衝撃が走りました。

背脂ばかりに気を取られてた私はニンニクの存在を忘れていました、、。

背脂とニンニクのダブルパンチ、濃い醤油味に甘い背脂のコンビネーション、そして何かのコードを食べてるんじゃないかと思うほど極太のスーパー歯ごたえ麺。

正直、かなり美味しいです。それに、見た目に反して割としつこくありません。

 

しかし、やっぱり重量があります。

割り箸で持ち上げるのが困難な程の重さの麺は、すすることができないため口のなかに詰め込み、ひらすらモグモグ、、、

一度でも箸を止めたら負ける、そう直感的に感じた私は、ただひたすらに麺を頬張りました(꒪ཀ꒪」∠)

f:id:noboru-blog:20170616222331j:image

「割といけるじゃん!?」と思いながら食べ進めて、器の底が見えてきた瞬間、いきなり私の箸がとまりました。

「あれ、、、?」

さっきまで余裕だったのに、いきなりとてつもない満腹感に襲われました。

アドレナリンがきれたのか、

それとも今食べているものの恐ろしさを頭が理解し始めたのか、、、

 

f:id:noboru-blog:20170616222837j:image

忘れていました、私には最終兵器がありました。

それは、「味変」です!!!

こちらのお店で爆盛油脂麺を注文すると、調味料が詰まっている謎の籠が渡されます。

そこには、粉チーズ、海苔、マヨネーズ、マスタード、タバスコ、魚粉、山椒が入っていました。

最後は最終兵器の味変を使って麺を頬張り、

なんとか決着をつけました。

個人的に割とタバスコが好みでした👌

 

それでは、ごちそうさまでした!!

 

私の憧れであった爆盛油脂麺。

見た目やボリュームだけではなく、味も立派で大満足でした。

麺に馴染む具材たち(チャーシュー、解しチャーシュー、ネギ、メンマ、そして背脂)、そして程よい甘さの味玉。

 

食べ終わった今、もう一度あのお店に行きたいとは思いません。

 

しかし、数日後にはまた行きたくなっているというのがこういうお店の不思議なところでしょう。笑

 

またいつか、決闘しましょう👊